page top
トップページ » 学校紹介 » 学校長挨拶

筑摩高等学校|学校長挨拶

生徒一人ひとりが自分のペースで意欲的に学ぶことを応援します

数ある学校の中から、松本筑摩高等学校のホームページをご覧くださり、ありがとうございます。
本校は、四季の移り変わりとともに表情を豊かに変える雄大な北アルプスの山々を校舎から眺めることができる場所に位置する、定時制課程と通信制課程を併置する創立52年の多部制・単位制高校です。
現在、定時制課程には「午前部」、「午後部」、「夜間部」があり、3つの異なる時間帯で生徒が学び、進路実現を目指しています。通信制課程は自学自習を基本とし、日曜日・月曜日のスクーリング(登校しての面接授業)への参加、レポート提出(自宅での学習)、テストを重ねて学び、進路実現を目指します。
今年度は定時制・通信制合わせて約1,100名を生徒が在籍し、それぞれのペースで学んでいます。
本校の学びのポイントは次のようになります。

定時制の特色

  • 1クラス約20名とする少人数学級・少人数学習集団による学び
  • 45分授業、1日4コマの授業で4年間での卒業を基本とする着実な学び
    ※他部の授業を受講したり、通信制を併修したりすることで3年間での卒業も可能
  • 多様な選択講座開設により、生徒の願いをもとに主体性を引き出す学び
  • 卒業後、自立し個々の持ち味が発揮できるように、体系的なキャリア教育やソーシャル スキルトレーニングによる社会人基礎力の育成につながる学び
  • コミュニケーション力の向上など目指す「通級による指導」による学び など

通信制の特色

  • 自学自主を基本とする学び
  • 自分のペースで進めることができる学び
  • 日曜日・月曜日に登校し、レポート、テストを積み重ねながらの着実な学び
  • 放送視聴や各地区での「面接(授業)」も活用できる学び など

私たちが生きている現在は、未曾有の新型コロナウイルス感染症、武力により個人の尊厳が奪われる等、予想もしないことが起きています。また、相次ぐ大規模自然災害、地球温暖化や貧困、差別や偏見など多くの課題も存在します。こうした中、誰もが、かけがえのない人生を幸せに過ごせるように、自分の役割を自覚し、自分の良さを生かし、他者と協働しながら課題を解決することが求められています。こうした中、生徒一人ひとりは「未来を担う大切な存在」です。

本校では「生徒の自己肯定感を高め、前向きに未来を切り拓こうとする力を育てる」ことを目指し、日々の教育に取り組んでおります。自分の可能性を追求し、力を伸ばし、自分の持ち味を発揮しながら生きていきたいと考えている皆さん、本校で、互いに学び、高め合いませんか。是非、学校見学にお越しください。

本校の教育活動に対しまして、引き続き、皆様のご理解とご支援をたまわりますようにお願い申し上げ、ご挨拶とさせていただきます。

令和4年4月 松本筑摩高等学校長 平林洋一

学校づくりの方向性

生徒の自己肯定感を高め、前向きに未来を切り拓こうとする力を育てる。

【学校づくり方向性の大枠】

図:学校づくりの方向性

体験入学・入試情報はこちら

教育課程案内はこちら

お問い合わせはこちら

創立50周年記念写真集頒布申込はこちら

長野県松本筑摩高等学校同窓会

長野県松本筑摩高等学校同窓会Twitter

長野県松本筑摩高等学校同窓会Twitter

最新情報はTwitterでチェック!

松本筑摩高等学校ロゴ

長野県松本筑摩高等学校
〒390-8531
長野県松本市島立2237
TEL:0263-47-1351
FAX:0263-40-1521
アクセスはこちら
このページの先頭へ